食関連情報について

和食の会席料理のテーブルマナー

和食の会席料理の作法は懐石料理に比べると簡単です。楽しい宴会の席なので相手への気配りが大切になります。会席料理のテーブルマナーは荷物を持ち込まないという事です。コートやバッグについた汚れやちりを料理に入れないようにするためです。どうしても荷物がある時にはお店の入口で預かってもらいます。代わりに懐紙や黒文字を用意してポーチや風呂敷にまとめておきます。また座卓の場合にはひじをついたり背中が曲がったりだらしない姿勢で食事をしないようにします。口にものを入れたまま話をしたり、箸や器を置く時にも不快な音を立てないようにします。楽しい席での批評や政治の話は料理を台無しにしてしまう場合もあります。相手の話には耳を傾ける様にし。人が嫌がる話題は避けます。会席料理は食べる人のペースに合わせて料理が運ばれてきます。一人だけ早く終わってしまうと残っている人は食べにくいのでなるべく同じペースで終わるように心掛けます。お店でおしぼりが出てきた場合には手を拭くものでテーブルを拭くものではありません。顔や首周りを拭く事は良いとされています。

Copyright(c) 食 All Rights Reserved.