食関連情報について

冷え性の人が食事をするときに気をつけたいこと

冷え性の人が食事をするときは、細かいところにまで気を配らなくてはいけません。とくに、飲み物が重要になってきます。夏場は冷たいものを飲みたくなるでしょう。最近は温暖化の影響もあって、熱中症予防のために冷たい飲み物の重要性は高まっています。しかし、冷え性の人にはあまりおすすめできません。年間を通してできるだけ温かいものを飲むようにしましょう。冷房の効いた部屋でアイスコーヒーを飲むと言うのは、冷え性の人が一番やってはいけないことです。暑いときに熱い飲み物は飲みたくないと言う人が多いですが、飲むと意外とさっぱりすることがあります。不快感はないと言っていいでしょう。また、淹れたての紅茶やコーヒー、ウーロン茶などは消化を促進する作用や利尿作用があります。食後に飲むといいでしょう。もちろん、食事に気を配るだけでなく、運動や睡眠にも目を向けなければいけません。これら全てを規則正しくすることが大事になってきます。

Copyright(c) 食 All Rights Reserved.